社葬に参列する際のマナー

社葬に参列する際に気をつけておきたいマナーをお教えしておきます。そもそも社葬は、一般的な葬儀とは違って、会社の創立者や会長や社長、それから役職を持つ方が亡くなられた場合や、職務中に殉職者が出た場合に行う葬儀のことです。そのため、葬儀の費用や運営などについては会社側で行うことになります。そのため、参列される方は、取引であるとか、付き合いが合った方、又は、役職に応じた方が参列されるのが一般的なマナーであるということを知っておくことです。どうしても行くことができない場合は代理人を立てておくことです。代理人が行かれる場合には、代理で参列したことの証明として名刺を持っていくことをおすすめしておきます。また、挨拶については、どうしても参列することができない事情を告げ、それからお詫びの言葉を付け加えておくことがマナーになります。

社葬のマナーについて

社葬の通知を受け取ったら、会社同士の付き合いの場合には上司の判断を仰ぎ、参列者を決めます。もし、個人的な付き合いのある会社の場合は、参列するかどうかは本人が判断します。一般的に故人と同程度の役職の人間が参列するのが礼儀になります。故人よりも下の役職の者だと失礼に当たります。また、花輪や供物も重要なので、葬儀の前日までには届くように手配しましょう。供物等を辞退している社葬の場合は、その意向に従いましょう。参列する際は、略礼服を着用するのが一般的です。間に合わない場合は、地味な平服に黒ネクタイ、黒靴下、黒靴にします。女性は黒のワンピースで、真珠以外のアクセサリーは外します。仏式の葬儀では、数珠が必携品です。受付で香典を渡し、会葬者芳名録に記帳するか名刺を渡します。出棺がある場合はお見送りします。訃報は突然来るものですから、会社で黒ネクタイ、喪章、数珠、香典袋、ふくさ等は常備しておくと良いでしょう。

社葬に参列する時のマナー

社葬に参列する時のマナーとして、気をつけておいてもらいたい事があります。それは、供花や供物です。これらを贈る際には会社との付き合い、それから取引先ということもあって、名前や役職などを間違いのないようにしておくことです。また、手配をする際には、早めに行っておくことです。会場や時間などについても間違いのないように手配をしておきましょう。供花をされる場合には、あらかじめ、指定の色があることがあったり、種類なども聞いておかれる方が良いです。個人的な葬儀と違って統一されている場合があるので、気をつけておいてもらいたいところです。それから相手先に聞いておくことによって、贈りたいという気持ちを伝えることができるので、取引先や付き合いのある会社にはお伺いを立てて贈ることがマナーとしてあることを知っておきましょう。